データ復旧の詳細

診断

パソコンサポートの作業か、データ復旧の作業かを診断いたします。パソコンの様々なトラブル症状と、HDD等の記録媒体の故障では対応方法が違います。

Windowsが起動しない場合でも、PC内部からHDDを取り出し、他のPCで必要なデータを救出する事が可能です。但し必要なデータがどこに保存されているのか、確認しておく必要があります。自作PCなど、慣れた方ならご自身で対応可能です。

自信のない方は弊社にご相談ください。

パソコンサポート

PCの各部品に特に異常がない場合は、HDD内のデータの破損が考えられます。

CDから起動してスキャンディスクを実行し、問題なければWindowsの修復セットアップ又は、再セットアップ(リカバリー)を行います。

システムエイドでは、作業前にお客さまに状態をご説明し、リスク・費用等を納得いただいてから作業を開始いしますのでご安心ください。

メーカーの電話サポートで、言われるままにフォーマット・リカバリーをして、データを喪失してしまった方もおりますのでご注意ください。
※メーカーサポートでは、「正常に動作させる」ことを最優先でアドバイスをしてきます。「データが消えてしまわないか」を確認しつつ、指示に従ってください。

仮にHDD等、個々の部品の故障の場合は、PC筐体を分解・各部品の状態を確認し、異常部品を弊社の在庫部品で動作検証を行った後、メーカー修理や汎用部品での交換をご提案いたします。

HDD内のデータが必要な場合、データ復旧作業を行います。

データ復旧

主にHDD(ハードディスク)やUSBメモリ・デジカメなどのメモリーカードから通常作業では読みだせないデータ復旧を行います。

症状としては、物理障害(機械的な故障)と論理障害(ソフトウェア的な故障)になります。

・物理障害とは、データ復旧の難易度が高く、「重度障害」と分類され、HDDの基板など部品交換や分解などをしてデータを救出します。

・論理障害とは、機械的には異常がなく、スキャンデイィスクやフォーマットをする事で再利用できる事が多く、データの書き方等に不整合が生じ、一般環境で読み出せなくなる状態で「軽度障害」に分類されます。

「Windowsが起動しない」
「フォーマットが必要です」
「データありません」
「Systemdisk not found」

等の表示が出ます。

この場合は、フォーマットしたり、ツールかけたりせずにデータ復旧業者へお持ちください。処置が早ければ早いほど、データの回収率が高くなります。

誤ってフォーマットしてしまったり、削除してしまった場合も追加の書き込み等をしないで早めにデータ復旧業者へお持ちください。

◇業者選択について

データ復旧業者は全国に多数あり、どの業者が良いのか判断が難しいです。ほとんどの業者は、自社の技術・品質が高いとアピールしていますし、ほとんどの業者はそれなりの実績があります。そしてほとんどの方は「データ復旧」を依頼する事が初めてだと思います。

このような状況で、復旧業者を選択するのはかなり難しい作業です。

そこで沼津近隣の方はパソコンサポートを業務としている私達にご相談ください。

・近隣の業者で対面で依頼したい。
・初めての業者へ大事なデータを送るのは不安がある。
・沼津市近隣でしたら出張診断を依頼したい。(出張費別途)
※解析・復元に数十時間もかかる事がありますので、現地での解析・復元作業はいしません。

システムエイドは、物理障害(重度障害)に対応する設備はありませんが、対面で初期診断を行い、論理障害は業務用解析ソフトで解析・復元し、物理障害は実績のあるビジネスパートナーへ依頼します。

[`evernote` not found]

Copyright(c) 2010 有限会社システムエイド All Rights Reserved.